検査レーザー抜け毛で全体抜け毛をする際の危機2

検査レーザー抜け毛で全体抜け毛をする際の危機2

体内抜け毛を診断レーザーで行う際にはリスクも予め承知しておく必要があると思います。どう言う恐れが診断レーザー抜け毛にはあるのか以下にご紹介してみましょう。

 

【火傷】
診断レーザー抜け毛をする際に稀に肌表面に対してレーザーが応対してしまって火傷してしまう事があります。火傷を起こしやすい素肌としては極端な日焼けをしていて素肌が真っ黒な奴、元々素肌の色調が黒い奴、乾燥肌の奴等が挙げられます。極端に黒く日焼けをしている奴で抜け毛をしたいと言うのであれば診断視点美容白剤(ハイドロキノン)で素肌の色調を元に戻してから抜け毛を行う事をお勧めします。そうする事で火傷に対する恐れを回避する事が出来ます。また元々素肌の色調が黒いと言う奴は火傷をしない程度の範囲でレーザーを設定しますので通常の奴より抜け毛に張り付ける回数がかかる可能性があります。
乾燥肌の奴はレーザーを照射する際にジェルを取り扱うなど湿気を与える事によって火傷の恐れを燃やす事が出来ます。

 

【かゆみ】
診断レーザー抜け毛をする際に、乾燥肌の奴、敏感素肌の奴、アトピー性表皮炎の奴等にかゆみという症状が出る事があります。この様子が出た場合には炎症した部分に塗り薬を塗って押える事が可能です。また冷却する事も有効ですので薬とアイシング合わせても良いかもしれませんね。どちらにしても医師の受診に従って処理をする様にして下さい。

 

こう言った恐れは誰もが齎す可能性がありますので、出てしまった場合慌てずに医師に相談して適切な措置をもらいましょう。その為にも体内抜け毛をする際にはクリニックでの抜け毛が有用チックです。